ポルノ超特急2018 – day2@京都パルスプラザ

フェス

2018年12月23日(日)
ポルノ超特急2018 – day2@京都パルスプラザ

関西の冬フェスとして定着してきたポルノ超特急。

今年の夏フェスは豪雨や台風の影響で中止に次ぐ中止だったので「今回は…冬フェスは頼むでホンマ…!!」と天に祈りを捧げる日々でした。

開催されて良かった。

金閣(メインステージ)・銀閣(サブステージ)共に見たいバンドばかりでどう周るか困っていたら、レイアウト変更で銀閣が金閣の横っちょから2Fへお引越し。

時間的に諦めるかと思っていたけど、結局見るよね銀閣も。笑

coldrain
打首獄門同好会
HYDE
韻シスト
The BONEZ
OAU
Dragon Ash
10-FEET
Hawaiian6
ROTTENGRAFFTY

coldrain

朝いちcoldrainとか贅沢で濃すぎじゃないですか?

フロアもリフトで5重6重の壁を作ってるし初っ端からテンション高すぎじゃないですか?

「フロアの体力を削ってロットンでは棒立ちにする」のMC通りに熱量の高いパフォーマンス。

本日もMASATOは可愛かった(宇宙の真理

打首獄門同好会

音楽外のことで騒つき中の打首獄門同好会は昨年の銀閣から金閣へ。

「新曲のことが話題にならない」と嘆いていましたが「ご…ごめん…ポル超までに新譜を予習するつもりだったけど…吹き飛んだ…」となっていた人がココにもいます(土下座

リハでヤキトリ・諭吉・歯・肉とライブのキラー・チューンをワンフレーズずつ。

本編では布団の予想外な激しい転調で大きな笑いが出ていたから、初めて打首を見る人が多かったのかな?

音響の悪いポル超でも良いギターの音を鳴らし、渦中のお方はいつも通りヘドバンで髪を振り乱しながら、お昼時に飯テロ・バンドとしての責任をキッチリ果たしていました。

HYDE

今年のビックリ出演枠はHYDE

マスクやバイザーを付けたバンドメンバーと、白い仮面のHYDEが登場した瞬間「Xmas Eileenの方ですか?」となった私は色々と、そりゃもうアレやコレや色々と猛省をしなければいけないと思いました。

地響きのような唸り声ではなく、黄色い歓声が飛び交うパスルプラザにL’Arc-en-Cielの「flower」をワンプレーズからの「HONEY」でダイバー発生。

ヤロー共の下敷きになったお姉さまたちは無事に生還できたのでしょうか?


銀閣へ移動するために2階に上がったら視界が白い…もしかしなくても熱気が霧に変換されてる…床まで湿気てるじゃねぇか!

ステージも見やすくなっていたし、秒速で規制かかっていた銀閣が規制のキの字もなく「楽園だっ!(ただし熱気の霧は除く)」となったのが間違いの始まりでした。

金閣〜銀閣ノンストップ往復の地獄巡りスタート。


韻シスト

ポル超とはだいぶ毛色が違う韻シストなので人が集まるか不安でしたが、始まるとフロア中の人たちが揺れていました。

韻シストの楽しさ・グルーブはライブでぜひ体感していただきたいです。

ロッットン / N∀OKIがゲストで出演して豪華なラップ布陣(一葉さん、ラップですよ…関西が誇るラッパーの共演ですよ…と心の声)

ステージ横からライブを見ているニッコニコなkenkenやサクちゃんが見えました。

吉本新喜劇

ダッシュで金閣に戻って、何があっても絶対に見ると決めていた吉本新喜劇。

超ショートコースでしたが茂ジィのテンション高いキレ芸が見れた、ありがとうポル超。

The BONEZ

ものすごい久しぶりのThe BONEZ

今年のRush Ballは出演キャンセルになったので、やっと見れたと思ったらステージもフロアもすごい熱量。

こんな熱いライブやったっけ?…とビックリ。

定期的に見ているZAXは本日もバカでかい音を出し、歌モノのThe BONEZだけど(一葉さん、ラップですよ…ラップの名手JESSEですよ…と心の声)

OAU

The BONEZごめんっ!…とラスト1曲を諦めて銀閣へOAU(OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)を見るためにダッシュ。

この時季は東北行脚の人たちが京都に来てくれたので、感謝の意味を込めて見に行ったら「こんにちはHawaiian6です」「ポルノ超特急って、ポルノってどうなの?」といつもの調子。笑

BRAHMANとは真逆のベクトルの、ゆらゆら揺れる空間を3曲味わって金閣へダッシュ。

Dragon Ash

ポル超の常連、Dragon Ash

イクゾーさんカラーの2トーンの髪になったkenken、ラップと言えはkj(一葉さん、ラップ…以下略)

フロアぱっつんぱつんで、ピットに入っていないのに汗だくの金閣も熱気がこもるアカン感じに。

今年もロットンの「This World」のカバーのサプライズ。

ロットンのメンバー(KAZUOMI以外?)もステージに上ったのでメッチャ人多い。笑

10-FEET

異常なほどのフロアぱっつんぱつんさと熱量、大シンガロングでメンバーの唄が聞こえなかった10-FEETはなぜか太陽神・TAKUMAがバリバリに目張りを入れている。

「広いパルスプラザの1番後ろまで届ける!」と熱のこもったMCも、モニターに大写しになる目張りで「TAKUMAさぁぁぁん…説得力がぁ………な……ぃ…」

リハで四星球のネタ「時間がない時のRIVER」、本編ラストでも「時間がない時のRIVER」を披露。完全に10-FEETの持ちネタに。笑

Hawaiian6

ここで足腰の限界がきていたけど意地になって銀閣のHawaiian6に行くとワヤクチャやなっ!(知ってた)

あー視界が白い湿気がすごい、ピットはメチャクチャ(約束された未来)を確認して金閣へダッシュ。

ROTTENGRAFFTY

大トリ・ROTTENGRAFFTYは毎年恒例、後ろから大人見だけど熱量ガンガンに伝わる力の入り方。

KAZUOMIがMC(というか叫んでた?)を見て「KAZUOMIが喋ったぁ!!!(クララが立ったぁ!!!)」のテンションで驚く。

あれ?話すキャラだった???

今年も「悪巧み -Merry Christmas Mr.Lawrence-」のプレゼント。

初めてEnまで見て、足腰の痛みが限界値を超えプルプルしながら帰宅。

今年もポルノ超特急でライブ納め。

来年も楽しいライブが見れますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました