京都大作戦 2019 – day1@山城総合運動公園

フェス

2019年6月29日(土)
京都大作戦 2019 – day1@山城総合運動公園

2年前、ゲリラ豪雨でマキシマム ザ ホルモンで中断、再開ラスト1時間でホルモン、ROTTENGRAFFTY、10-FEETの3組をまわすというパプニングで終了した京都大作戦10周年。

この3組は同じタイムテーブル、リベンジでもあった昨年は西日本豪雨で中止(降り続く雨で在来線、新幹線が止まるなど関西でも影響が)

京都大作戦開催数日前に梅雨入りという雨待ったなしの状況でも「開催して、雨でもいいから開催だけは!」は全員が望んでいたこと。

猪苗代湖で弾き語りをしていたTOSHI-LOW(BRAHMAN)が「自分が出ないフェスなんて雨降って中止になっちまえ」の一言で2年前は中断したという、天候まで操る力を身につけていた驚愕の事実が発覚した京都大作戦2019。

めっちゃ蒸し暑いっ!!!!!強烈に蒸し暑っっっ!!!!!!!

行きのシャトルバス、事故の影響で長蛇の列。

さよなら…オープニングのヤバイTシャツ屋さん…

もう、初っぱなからゴリゴリとヤル気を削いでくるけど負けない。

この日を待っていたんだよ。

心待ちにしていたんだよ。

四星球
ORANGE RANGE
BRAHMAN
東京スカパラダイスオーケストラ
マキシマム ザ ホルモン
ROTTENGRAFFTY
10-FEET

四星球

巨大段ボールアートのてるてる坊主で登場、完全に出落ち。

「去年のリベンジとか言ってるけど去年呼ばれてないですっ!!」完璧に出落ち。

10-FEET「RIVER」に「クラーク博士と僕」の歌詞をのせて歌い

「Mr.Cosmo」の全身銀色タイツと段ボールアートUFOをTOSHI-LOWに壊されれ(ネタですよ

京都のスターバッ◯スで「頑張ってください」と渡されたカップには「日本の米は世界一」と書かれていたとのこと(どこかで見たことのあるフレーズですね

恒例となったモリスを「その向こうへ(源氏・メインステージから牛若・サブステージ)」運搬。

もう、最初からお腹いっぱい。

ORANGE RANGE

もう出てると思っていたから、初出演に驚いたORANGE RANGE

「上海ハニー」でスタート、いきなり会場を真夏に持っていく。

新旧織り交ぜてのセットリスト「今日は新しめの曲でスーーーンとなるのやめましょ」HIROKIのMC。笑

アッパーなキラーチューンが多いので、グラウンドもいつものようにワッショイ・わっしょい。

初でも関係ない盛り上がり。

キャッチーだけではない「攻め」の曲「キリキリマイ」まで一気に駆け抜け、誕生日だったHIROKIのお祝いにケーキを持って10-FEETが登場。

BRAHMAN

ブルガリア民謡のSEが流れた瞬間に、会場中に緊張感が走るBRAHMAN

しゃべくりが面白いTOSHI-LOWのTAKUMA(10-FEET)イジリが雑だなと思ったら「雨降って中止になっちまえ」を本気で気にしてるんだなぁと。

「怒涛の彼方」で東京スカパラダイスオーケストラ、ホーン隊がゲスト出演。

その後、グラウンドに降りて

\ 鬼降臨 /

いつものようにキッズを投げ飛ばし、えらいこっちゃな騒ぎの後「(ピットの中で転けた人を)起こせ!早く起こせぇ!!!」

このトーンのTOSHI-LOWの言葉は1秒以内に実行しないといけませんよ(宇宙の真理

「満月の夕」で三線でYOH(ORANGE RANGE)がゲスト出演。

東京スカパラダイスオーケストラ

スカで踊らせるイケオジ集団、東京スカパラダイスオーケストラ

恒例のゲスト1組目。

さっきまでの黒づくめから一転、グレーのスーツ姿でグレート・ムタのポーズをキメるTOSHI-LOW(スーツ着姿は完全にアッチの筋のお方ガクブル

「絶対に殺る」殺気は封印、軽快な動きを見せながら「野望なき野郎どもへ」

ゲスト2組目は10-FEET

扇の組体操、ヒゲダンス、スカパラ兄さんたちを呼びすて、楽器を奪って演奏と盛り上げ「HONE SKA」「閃光」

ホーン隊がステージ左右で陣形を取る姿はカッコ良すぎて、もう。フェロモン巻き散らしてステージを後に。

マキシマム ザ ホルモン

ダイスケはんのヘルニア心配だったけど、間に合って良かったマキシマム ザ ホルモン、2年前の続きのスタート。

グラウンドの後ろまでミッチミチに人で埋め尽くされ、丘も「恋のメガラバ」を踊る。

「ここから先は40代のオッさんばっかりです!」のMCで「えっ!?みんなそんなに歳取ったの???」とマジでビックリ。

四星球(読み方:イオンモール)

今日は谷中さん(スカパラ)、TOSHI-LOW、NOBUYA(ROTTENGRAFFTY)の半グレの集まりだって聞いてない!

MCで会場の笑いを取り、ラスト「恋のスペルマ」ではセキュリティーのゴツいお兄さんたちも巻き込んで反って恋のおまじない。

巨大サークルでパンダさん高速で流されているのを発見して大爆笑。

ここぞと言う時にいつも犠牲…違…身を張って盛り上げてくれてご苦労さまです。

ROTTENGRAFFTY

「金色グラフティー」から始める気合の入り方。

この日、1番の熱量のライブとなったROTTENGRAFFTY

容赦ないセットリストでグランドには何回も巨大サークル発生。

明日のことを考えて丘から見ていたけど、グラウンドに降りたくてウズウズ。

「THIS WORLD」ではリズム隊以外、グランドに降りてベースとドラムしか音が聞こえない。笑

ダイブして、収拾のつかない揉みくちゃの中でもマイクを離さず歌っていたNOBUYAのプロ根性すごい。

本当にあっという間に過ぎ去った、嵐のようなステージ。

10-FEET

ここまで来たよ、無事に来たよ、初日ラストを飾る10-FEET

グランドを埋めつくす掲げられたタオル。

きっと、みんなが見たかった光景。

「行こう、行こう、行こう、行こう!」と、グラウンド、メンバー、そして自分自身にも語りかけるようなTAKUMAの叫びから「蜃気楼」

「時間がないときのRIVER(本家・四星球)」の完コピーを披露し、スカパラ兄さんホーン隊ゲストで「hammer ska」

NOBUYA・N∀OKI(ROTTENGRAFFTY)がゲストの「その向こうへ」

10-FEETと縁の深い人たちを迎え、今日1日を振り返るような時間。

途中、少し雨が降ってたけど持ちこたえ、Enラスト「DO YOU LIKE…?」で初日は終了。

無事に開催、終了できて良かった・良かった。

次回「安心と信頼の田植え day2」へ続く

※ 谷中さん(色男)以外、敬称略

コメント

タイトルとURLをコピーしました