the HIATUS@Zepp Osaka Bayside

the HIATUS

2019年9月18日(水), 19日(木)
the HIATUS「Our Secret Spot Tour 2019」@Zepp Osaka Bayside

2年ぶりとなるオールスタンディング、そして3年ぶりとなるアルバム「Our Secret Spot」を引っさげてのツアー。

ミディアムナンバーで構成されたアルバムで、どのようなライブになるか楽しみでした。

聴き入る演奏力と、MCのグッダグダおよびヒドい下ネタはいつも通り。

今回もアッパーな曲を封印した、愛すべきオッさんたちとの、愛おしい時間。

新しい曲の間に以前の曲を挟み込んでいく構成でしたが、一貫してミディアムナンバーでもダレることなく、あっという間に時間が過ぎていくの本当にすごい。

マサさん(腕のガンダム半分見えた)アコギ指弾き、マサさんアコギ・細美さんギターのいつもの逆パターンだったり、新しいことも。

細美さん(恋人は宮田俊郎)のハンドマイクも見慣れてきましたが、今回のツアーでもほぼギターを持たずに歌に専念。

「Horse Riding」はジャズ箱アレンジのさらにアレンジ、「Insomnia」では音を掻き消すほどのフロアの声。

「Insomnia」の後は「ペテルギウスの灯」、2-3曲アッパーからの「moonlight」でシッポリ終わると思っていたら「firefly/Life in Technicolor」が来てビックリ(タイトル残したんですね)

「今のthe HIATUS」が出す音を、しっかりと明示していました。

変態度数(最高の褒め言葉)が高すぎて、一葉さん(ムッキムキ)・柏倉さん(何が何やらで正解のリズムがまったくわからない)の音に耳が引っ張られる「Bonfire」

「ウエノ兄貴(顎関節症)の音数もなかなか変態だよね」と思っていて今回、運良く兄貴が良く見える場所が取れたのでマジマジ見ていたら「ベースの運指ってこんなスピードでしたっけ?」

新しいアルバムの曲は頭で覚えても身体に馴染んでこなくて困っていましたが、やっぱりライブですね。

ライブが終わった後に音源を聴いたら違って聴こえたので、生音で聴くの本当に大切。

フロアに「愛おしい」の言葉をくれた細美さん(老眼進行中)

こっちは愛おしくて愛おしいを繰り返して今日まで来とんのや、気づくの遅っせぇよっ!!!!!(ありがとうございます

2日目も嬉しい言葉をもらいましたが、詳細はあの場所にいた人たちの宝物なので内緒。

「Our Secret Spot」なので、ね。

2日目、ダブルアンコールも終わり、客電がついても鳴り止まないアンコールの拍手。

だいぶ長い時間、終演のアナウンスが入らなかったので、再度出るかメンバーで協議していたのでしょうか。

「大人エイタス」なジャズ箱、アートに振り切った昨年のホールツアーとも違う、オッさんたちの力量を見せつける「聴かせる」ライブでした。

来月の10周年アニバーサリー ライブは現地でお祝いはできませんが、大阪から「the HIATUSの今までの10年、これからの10年」を祝います。

10年続けてくれて、ありがとう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました